FC2ブログ
効果的なのにあまり知られていないトリックや、巧妙なサトルティなど、私のお気に入りを紹介します。
2009年12月01日 (火) | Edit |
週末、日向大祐さんのお誘いで、一緒に大阪へ行ってきました。目的は佐藤総さんにお会いすること。お聞きしたいことは山ほどあり、半ば質問責めにしてしまいましたが、とても丁寧にお話しいただきました。

佐藤さんおすすめのバー、SADEではなんと佐藤さんのお父様も来られ、マスターのSADEさんも含めてその場にいる全員が何かしらマジックを演じるという特殊な状況(笑)。そのどれもが見たことのないものばかりで、いちいち刺激を受け、驚いておりました。そして皆さん、年齢に関係なく若い!といっても決して賑やかではなく、物静かで品の良い方たちばかりなのですが、それぞれに熱いものを感じました。

佐藤さんの演じるマジックは各所での評判どおり、魔法。大げさなところも怪しげなところもなくゆったりと進むのですが、現象が「えっ、もう?」と思う間に起きてしまいます。マジックというのは「上手い」と言われてはだめ、思わず笑うしかなくなるような不思議さがないとだめだと常々思っていますが、実際にその感じを味わうことというのはほとんどありません。しかし佐藤さんのマジックは本当に不思議なのです。そして単に不思議というだけではなく、なんと言えばいいのでしょう、雰囲気があるのです。

このワクワクした感覚が私の拙い文章で伝わっているかどうか心許ないのですが、本当に久しぶりの興奮を覚えました。深夜まで話し込んだにもかかわらず、翌日は妙に早起きし、薄暗いうちからカードをもてあそんでいると、佐藤さんに見せていただいたアイディアと私が以前気に入ってよく使っていたある技法とが化学反応のように結びつき、ひとつのトリックと呼べるものがあっという間に出来上がりました。相当テンションが上がっていたのだと思います。

でも実はこれ、すごい偶然なんです。順を追って説明します。

佐藤さんがいくつか演じられた後、マスターに「あれお願いします」とリクエスト。
SADEさんが特殊な技法を使い、Play It Straightの不思議なバリエーションを演技。
それを見て私がBlockbusterを思い出し、皆さんにご紹介。
それを見て佐藤さんが昔やっていたトリックだと、非常に奇妙で不思議な小品を演技。

まずこれに相当なインパクトを受けました。先に触れた佐藤さんのアイディアというのがこの小品です。

それとは別に、日向さんが佐藤さんのオールバックの改案について言及。
オールバックで使われているあるサトルティの話でひとしきり盛り上がる。
自分のオールバックのバリエーションを思い出し、うずうず(笑)。
日向さんが「大原さんも手順ありますよね?」と振ってくれたので、喜んで披露。

先に触れた「以前よく使っていた技法」と言うのが、このオールバックで使うあるテクニックです。

佐藤さんのアイディアも、私の少し前のトリックも、その場の話の流れで偶然に思い出されたものです。そしてその2つが組み合わさって、翌朝に今までになかったものが生まれたわけです。そんな大げさにとることもないのかもしれませんが、こういうの、私はすごいラッキーだと思い、幸せな気分になるのです。

佐藤さんのアイディアから生まれたトリック、ぜひまた佐藤さんにお会いしてお見せしたい!またひとつ、楽しみが増えました。



(週末の感動体験は、これだけではありません。続きます。)



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック