FC2ブログ
効果的なのにあまり知られていないトリックや、巧妙なサトルティなど、私のお気に入りを紹介します。
2016年03月11日 (金) | Edit |
先週土曜日、サークルの後輩のライブ、Melting Potを観てきました。

3人の演者が入れ替わり立ち替わり登場し、ときどきお互いに絡みながら進行する、サロンスタイルでのライブで、客席はほとんどが一般客。

お客さんと仲良くなる、がテーマということで、半分以上の演目で、何らかの形で観客を巻き込むよう工夫されていました。

お手伝いする観客を選ぶのも、マジシャンが単に指名するのではなく、アイテムを近くの人にどんどん渡していって、最終的にそれを持っている人に手伝ってもらったり、カードにサインさせるのも、名前ではなくメッセージを書いてもらうようにしたり・・・。

ここまで観客にやらせて、負担に思われないのかな?とちょっと心配しながら見ていたのですが、皆さん最初は戸惑いつつも、けっこう楽しんでいたようです。

演者側が、お客さんのアクションに対してちゃんとリアクションしていたのが良かったですね。観客と絡むと言いながらいわゆる客いじりに終始したり、観客に何かやらせておいて、それを回収しなかったりすると、観客との心の距離は離れていくのですが、これなら巻き込まれた方も巻き込まれがいがあるというものです(^-^)

バンクナイトもゲームっぽい雰囲気が出せてましたし、お客さんからもらったお題に合わせての即興マジックも、盛り上がってましたね。

で、こうして一体感を作り上げた上での、全員参加マジック。これがまた観客側の作業が多い!・・・のですが、もうそれが苦にならない空気が出来上がっていて、感心してしまいました。

もちろん細かい部分ではまだいろいろと改善の余地はあるんですが、何より演者全員が楽しんでるし、楽しませようとしてるのが観てる側にひしひしと伝わってきて、とてもいい雰囲気が生まれていました。終演後にお客さんが、幸せそうな顔で会場を後にしていたのが印象的でした。

実は事前に練習を見たときには、まだいろいろ危なっかしい部分があったのですが、本番では3人とも技術的な無理をせず、きちんと現象を伝えるという基本を押さえて演じており、見ていてストレスをあまり感じませんでした。

聞くと本番に向けて、今回のライブでやりたいのはお客さんと仲良くなることであり、そのために必要なのは何なのかをあらためてメンバーで共有したということ。マジックショーって往々にして個々の演者のエゴが前に出がちなのですが、こうして目的意識を持って軌道修正できるなんて、オトナだな~と驚いてしまいました。

それにしても、ライブ形式でのマジックショーも、僕が学生だった頃からすると随分定着したというか、こなれてきた感じがします。

日向さんもライブの様子をYouTubeにアップしていますが、こういう映像に気軽に触れられるのも影響してるんでしょうかね。

粗削りでも新しいチャレンジから新しいスタイルが生まれ、定着していく。・・・いつの間にかそんな移り変わりを実感する歳になりました。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック