FC2ブログ
効果的なのにあまり知られていないトリックや、巧妙なサトルティなど、私のお気に入りを紹介します。
2016年03月02日 (水) | Edit |
ジャパンカップの申込案内、今後の改善策も自分なりに考えてみました。何かイベントをやろうとしている人の参考になるかもしれないので書いておきます。

まず、JCMAサイトのトップにジャパンカップ告知を掲載し、申込ボタンを目立つ位置に設置します。

申込ボタンのリンク先には、

・申込から参加証受け取りまでの流れ
・満席だった場合の返金対応について
・振込先

を記載し、さらにそこから直接メールできるよう、申込用メールフォームを設置します。

もちろん申込用メールフォームには、

・住所
・氏名
・参加プログラムの内容
・口座名義
・コメント

等を入力できるよう、あらかじめ入力欄を作っておきます。

また、紙のフライヤーにはこの申込ページにアクセスできるよう、説明を追加します。

とりあえずはこれで、ジャパンカップに行きたい!でも申込方法がよく分からないので断念😢というケースは減るのではないかと思います。



ちなみに2月末時点での現状は以下のような感じ。初めての方はこのハードルを超えなくてはならず、けっこう途方に暮れると思います(^^;)

※各リンク先は更新されている可能性があります。あらかじめご了承ください。

フライヤー

出演者やプログラム、参加費の説明あり。参加費を振り込む必要があることまでは分かるが、事前にチケット等は送られてくるのか、主催者に連絡する必要があるのか、だとしたら何を連絡すれば良いのか、満席だったらどうなるのか、等がはっきりしない。

JCMAサイトトップページ

受賞者紹介があり興味をそそられるが、申込方法の記載なし。

■画面左の「ジャパンカップ」

前回の様子のレポートのみ。

■メニュー下部のフライヤー画像

自宅に送られてきたフライヤーが画像として見られるのみ。

■画面左の「催事のご案内」

普段のイベントは申込不要だが、ジャパンカップは申込が必要らしいことが分かるのみ。

■画面左の「コンテスト関係」

コンテストのルールやコンテストに出場するための書類など。ジャパンカップ観覧のための案内はない。

■画面左の「お問い合わせ」

メールフォームがあり、各種イベントもメニューから選んで参加申込?できるようになっているが、ジャパンカップの項目はない。



「よく分かんないけどとりあえず振り込んで、後は現地に行けばいいだろ」とか、「分からないことは電話かメールで聞けばいいか~」という人には、今のままでも困らないかもしれません。

主催者としても、そういう大らかな人や行動力のある人にこそ来てほしい!というのであれば、今の告知はフィルターとして機能するので、それはそれでアリかもしれません。

ただ、そうではない人も新たに取り込みたいのであれば、興味を持ってから実際に申し込むまでのハードルはなるべく取り除いておいてあげた方が良いでしょう。

そうでなくても、申込方法を整理しておけば、スタッフが問合わせ対応に手間を取られずに済みます。

幸い、JCMAのサイトには既にメールフォームは設置されているので、ここを少しいじれば、冒頭の改善案のような形に直すのは比較的簡単だと思います。



欲を言えば、参加プログラムを選べば参加費の合計が出るとか、リアルタイムで空席確認ができるとか、その場で決済できてしまうとか、いろいろ考えられます。

ネットショップが使うショッピングカートのシステムをサイトに組み込んだり、あるいはチケットの販売については外部委託したり、とやり方はいろいろありそうです。

ただこのあたりは、手間やお金をかけた割には結果はあまり変わらない、という可能性もあります。手段が目的化しては本末転倒ですから、イベントの頻度や規模を考えながら、無理のない範囲で導入していけば良いかと思います。



コメント
この記事へのコメント
貴重な資料だね
申し込みとか情報の提供とか
決済とかって、面倒よね

イベントやる人は、出来るだけ自動返信メールとか
メールじゃなくってフォームに書いてもらうとか
(メールだと不達が起こるので)
してもらう方が、ベターでしょう

探せば意外に便利なシステムって
あるんですが、そういったことを
知っている人も、少ないものでね

2016/03/03(木) 14:15:55 | URL | 小林洋介 #-[ 編集]
Re: 貴重な資料だね
小林さんの得意分野ですね。ぜひテコ入れを(^^)

素人考えだけど、ショッピングカートに各座席を別々の商品として登録すれば、簡単な座席予約システムも実現できそう。マジックショップがカートを提供、なんていうのもアリかなと思いますがどうですかね?

イベントがマニア向けか一般向けかで使い分けられても面白そうですね。マニア向けイベントはショップページにも載るけど、一般向けはショップからはリンクを張らず、イベント主催者サイトからだけリンクを張ってもらう、とか。

突き詰めるとチケットぴあになるんだろうけど、100人位までの小規模なイベントに特化したゆるいサービスがあってもいいですよね。そうすればマジシャン以外にも使ってもらえるし。

チケットの発送までは請け負わず、注文状況を主催者に通知するのみにするとか、いっそ受注確認メールをチケットのかわりにして、発送業務はばっさりカットするとか、いろいろありえそう。というか、もうあるのかな?
2016/03/03(木) 18:08:43 | URL | 大原正樹 #.roTVhg2[ 編集]
なるほどねえ
ショップシステムの活用はなるほどですね

ちょっと一覧性が悪いかもしれないけど
方法の1つではあるし、確実だね
ショップ主催なら、面白い方法かも

まあ、参加者100人くらいなら
一括で参加を受けて、当日受付で
座席表と自分の番号を渡すっていうのでも
対応は大変ではないかと

熱海のコンベンションでは、泊まる部屋は
当日もらうタグに書かれてるからね

システム的には、舞台系の何かが流用できそう
だね、この辺はむしろ日向君の出番かも

確認メールで、とかは、飛行機とか近いでしょ
2次元バーコードだけでどうにかなったりするから
スマホに出るようにしておけば、スイカみたいに
簡単に搭乗ってかんじで

自分で何か作るとしても、決済システムと
座席のシステムとかを連動させるのが
大変なんだよねえ

アフィリエイトタグみたいに、自動生成される
システムをかませて、分類できるなら
座席指定まで気楽にできるのかもね

2016/03/05(土) 09:54:05 | URL | 小林 洋介 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック