FC2ブログ
効果的なのにあまり知られていないトリックや、巧妙なサトルティなど、私のお気に入りを紹介します。
2016年02月20日 (土) | Edit |
後輩がライブをやるというので練習を見てきました。いろいろと発見があったので何回かに分けて皆様とシェアしたいと思います。

まずは、カードを見えやすくディスプレイするために導入したグラスが思わぬところで演技の邪魔をしていた、というお話です。

後輩のN君は、4枚のAを使った一連の手順を、4つのグラスを使うことでサロンでも演じられるようにしようとしていました。

しかし、演技を見せてもらったところ、その狙いがうまくいっていない箇所がいくつか見つかりました。特に気になったのが以下の2点です。

・演者の動きが4つのグラスの陰になってしまい見づらい

・グラスにカードを立てるという段取りがいちいち発生するためハンドリングに無駄が多い

そこで、グラスの出番を大幅にカットしてみようと提案しました。

まずは、本当にグラスなしでは現象を見せられないのかを疑うところからスタートです。すると、手順中2つのトリックでは、グラスなしでも問題なく現象を示すことができました。

そして残りの1つのトリックでは、確かにグラスがないと現象が見づらく、逆にグラスを用いることで演技が映えるということが分かりました。

そこで、グラスはその効果を発揮する1つのトリックでのみ使い、その他の部分はグラスなしで演じるようにしてみたら、演技の見た目はすっきりし、ハンドリング上のもたつきもなくなりました。

要は、グラスという道具に縛られていたわけです。万能な道具はありませんから適材適所で使う方が良いのです。

演技を見やすくするためのグラスが、ある部分ではかえって演技を見づらくしていたことが分かりN君は驚いた様子でしたが、自分が気に入って導入したアイディアの悪いところは見ないようにしてしまうのが人の性というものです。

何かを導入したときには、かわりに犠牲にしているものはないか、冷静に見極めることが大事です。

ちなみに、グラスの出番を減らすことで、今度はグラスのセッティングと片付けという新たな手間が必要になりました。

大きめのワイングラスが4つもありますので、1人だとなかなか大変です。しかし今回は他のスタッフの手を借りられる状況なので、演者が観客席に近付いてサインをさせるなどのやりとりをしている間にスタッフにやってもらうことにしました。

いつでも使える手ではありませんが、せっかくチームで行うライブだからこそできることなので、あえてのチャレンジです。これはまだ実際の動きを見られていないので、あらためて練習を見てみたいところです。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック