FC2ブログ
効果的なのにあまり知られていないトリックや、巧妙なサトルティなど、私のお気に入りを紹介します。
2010年06月20日 (日) | Edit |
サタデーナイトマジック、演技してきました。来ていただいた皆様、お友達を連れてきてくださった方、ありがとうございました!

演技前はどうにも緊張しますが、それでも終わると楽しいですね。刺激があり、発見があります。

デビッド・ロスのFOURの簡易版みたいなコインマジック(過去記事「後ろめたさからの解放」参照)をやったのですが、これが意外と評判よかったです。ただし座って演技した方が良いとのこと。確かに。実は最近、「座ってゆったりとした雰囲気の中、観客を沸かせる演技」に憧れているので、このトリックを取っ掛かりに座って演じられるレパートリーを増やしたいところです。

最近挑戦中のトリックについては、課題をいろいろと確認することができました。まずは観客全員に見やすく構成したい。そしてもうひとつ、現象を起こすためにある意味「逃げ」と言えるような解決方法をとっているのですが、これが誰からも「逃げ」と感じられないようなプレゼンテーションを確立させたいですね。

個人的に嬉しかったのは打上げで「ゆっくり落ち着いて話しながら演技できていた」とコメントをいただいたこと。学生の頃から早口の癖が抜けず、人に見せれば「ゆっくりやるといいよ」とたしなめられてきたのですが、ここへ来てやっと改善されてきたのかもしれません。

ただ内心は緊張しっぱなしでしたから、今後は見た目だけでなく心から落ち着いて、余裕を持って演技できるようにしなければ。お客さんの顔ももっとちゃんと見たいですし、ゆうきさん、庄司さん、木本さんのようにお客さんを楽しませる方にもっともっと力を注げるようになりたいですね。

練習段階で手順の無駄を削ぎ落とすことにばかり意識が行っており、実際演技してみるとまだまだ現象を提示するのに精一杯だと痛感しました。30代は削ぎ落としきった後に人間味をプラスする方向で頑張っていきます。精進精進。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック