効果的なのにあまり知られていないトリックや、巧妙なサトルティなど、私のお気に入りを紹介します。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2010年11月07日 (日) | Edit |
ゆうきさんの『たのしいマジック』読みました。

周囲でも良い評判しか聞きませんが、確かにこれは良いです。まずオビに書かれている目次にやられました。

第1章 マジックをやってみよう!
第2章 つたえることってむずかしい
第3章 コミュニケーションには準備がひつよう
第4章 「ウケる」ことと「受け入れられる」こと
第5章 キャラクターってなんだろう?

このオビを見ただけで、マジックをある程度やっている方なら、世にあるマジック解説本とこの本が一線を画すものであることがお分かりいただけると思います。そして実際に読んでみると、単にマジックのやり方だけでなく、マジックの演じ方、演じる上での考え方、さらにはマジックを通じた人間としての成長にもつながる内容が詰まっているのです。

限られた紙面の中で解説されているトリックは、マジックに初めて触れる子供達にもできるような易しいものが集められていますが、いわゆる解説用にお茶を濁したようなものではなく、実際に使えるものばかりが厳選されています。

正直、ゆうきさんご本人の実際の演技を見たことがあるものがほとんどだったので驚いたくらいです。私も早速1つ練習を始めましたが、こんなにシンプルなトリックも、磨くとあれだけ観客を楽しませられるんだなあと、あらためて唸ってしまいました^^

もちろん、これを読めばマジックがすぐに上手くなるとか、そういうことではありません。子供達がこの本を読んで、演じ方の本質をぱっとつかむのも難しいでしょう。マスターするのには当然時間がかかります。しかし大事なのは、考え方の根っことなるものに早い段階で触れるということです。

マジックを練習する過程でこの本を読み返して基礎を再確認していけば、自然と良いものとそうでないものを見分ける目が養われていくことでしょう。そして演技のスキルが成長したら、その段階でまた新たな発見ができる。そんな繰り返しの鑑賞に耐える内容になっています。

個人的には、本文の中でさらりと触れられている、マジックにおける本当の失敗とは、成功とは?といった話に感銘を受けました。子供の頃にこれを読んでいたら、もっと早く上達できたのでは?と思いますが、ここで詳細を書くのは控えておきましょう^^

私は中高生の頃、松田道弘氏の『トランプマジック』『即席マジック入門』を何度も何度も読みました。これからはしばらく、『たのしいマジック』を読み返すことになりそうです。

たのしい マジック
たのしい マジック
(2010/10/13)
ゆうき とも
商品詳細を見る



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。