FC2ブログ
効果的なのにあまり知られていないトリックや、巧妙なサトルティなど、私のお気に入りを紹介します。
2012年04月14日 (土) | Edit |
少し遅くなりましたが、『大原のこころみ』3月分の経過報告です。
30,803円を義援金として4/16(月)付けで日本赤十字社に送金いたします。

あらためてご購入いただいた皆様ありがとうございました!

受領証については日本赤十字社から送付され次第公開いたします。
(受領証発行まで数ヶ月かかることもあるようです。)

以下は販売経過の一覧です。クリックすると拡大できます。

大原のこころみ販売経過2012年03月分



スポンサーサイト




2012年03月12日 (月) | Edit |
大原のこころみ Birth(誕生)2

価格:800円


完全に即席で行える、ユニークな現象が生まれました。

カード当ての最中、突如手にカードケースが出現し、観客のカードがその中から出てきます。

解説されているトリックは1つだけのPDFによる電子版のミニノート。僕にとって初の試みですが、過去に発表した『大原のおすすめ』『大原のこだわり』同様、技法のコツ、手順を構成するに至った背景を詳細に解説しました。

今回特にお伝えしたいのは、新しい技術を習得する際に必要な、「手の状態」「重力の作用」への意識、そして効果の薄い手順を作ってしまわないように注意すべき「アイテムと場所への注目度」。

身に付けておくと、マジックを学ぶ上で近道をすることができるようになるポイントだと考えています。

このレクチャーノートの収益金は、50%が東日本大震災義援金として日本赤十字社に寄付されます。



~ご購入方法~

■クレジット決済(推奨)
STEP1
販売ページを開き、画面下部の「欲しい!」ボタンをクリックしてください。

STEP2
メールアドレス、カード番号、セキュリティコード、有効期限を入力し、「支払う」ボタンをクリックしてください。
※セキュリティコード:通常、クレジットカード裏面のサイン欄上部に記載されている数字の一番右の3桁の数字です。

STEP3
支払終了後すぐにPDFデータをダウンロードしていただけるようになります。
また購入後、Gumroadから自動送信されるメールからも、何度でもダウンロードができるようになります。

※gmail、livedoorメールをブラウザ上で使われている場合、ダウンロードリンクをクリックした際にエラーが出ることがあるようです。その場合、gmailの設定を最新のものに変更し、再度ダウンロードを試してみてください。



■銀行振込(楽天銀行)
STEP1
以下のメールフォームよりご送信ください。

お名前:
メール:
件名:
本文:


STEP2
メール確認後1日以内にいただいたメールアドレス宛に振込先(楽天銀行)をお知らせしますので、800円をお振込ください。(振込手数料はご負担ください)

STEP3
ご入金確認後1日以内にPDFデータの入手方法をメールにてお知らせします。



2011年06月20日 (月) | Edit |
おかげさまで無事終了しました。企画してくださった田代さん、関係者の皆様、参加してくださった皆様、ありがとうございました!

レクチャーは何度かやっていますが本番前はいつもナーバスになってしまい、口数が極端に減ります^^;

特に今回は予想以上に大勢の方に来ていただいて、本番前は一気に緊張感が。

それでも、終わってみたらいつも「あ~楽しかった~」ってなるんだよな、と言い聞かせながらスタートを待ちました。これは毎度毎度の儀式です。

毎回、何かしら新しい工夫やアイディアを追加するようにしているのですが、今回はオールバックで使えるアイディアが特に好評でした^^

反省点としては、素材として選んだ手順が一部複雑すぎたこと。考え方を理解しやすい、よりシンプルな素材を吟味していきたいと思います。

直したいところはいろいろとありますが、おおむね好評をいただけたようで、最終的には今回もしっかり楽しませていただきました(^-^)/

参加者のひとり、ニッコリンチョさんが嬉しい感想を書いてくださっていますので思わずリンク。ニッコリンチョさん、ありがとうございました!



2011年03月27日 (日) | Edit |
東北地方太平洋沖地震チャリティーレクチャーノートに寄稿した作品の動画をアップしました。





2011年02月13日 (日) | Edit |
駒込でのレクチャー終了。いや~楽しかったです。やっぱり僕はレクチャーが一番好きな気がします。

当日になり思いがけないお客様もいらして驚き(→ゆうきさんのブログ参照)。尊敬するマジシャンに見ていただくのは緊張しますけど光栄ですね^^ 実演で多少技術的な失敗はありましたが、何といっても和やかな雰囲気でやれたのが本当に良かったです。

進行役のゆうきさんも、お手伝いに来てくれた日向さんも適宜補足コメントをしてくださいましたし、堀内さんの積極的な「さっきの流れをもう一度」のリクエストもありがたかったです。実演→解説→再実演の流れって定番ではあるんですが、自分から切り出すよりお客様からリクエストされる方が、見ていただく方にとっても気持ちがいいですよね。

もちろんやる方も気持ちいいです^^ 今度誰かのレクチャーに参加される際には、堀内さんのように積極的にリクエストされることをおすすめします。ポイントは笑顔。仏頂面で頼まれると命令されてる気分になりますが、笑顔で頼まれると、たいていのレクチャラーは喜んでもう一度やってくれるんじゃないでしょうか。

質問と違って「見当違いなことを聞いてしまったらどうしよう?」というリスクもありませんし、レクチャラーにも他の参加者にも感謝される、いい方法だと思いますよ^^

毎度のことながらレクチャー直前になりいろいろと新しい発見があったのですが、当日の朝思いついた上げ底のアイディアが思いのほか好評でした。参加者の皆様、どうぞご活用ください^^

そのほか・・・

1234のテンポの話

コインのパームチェンジのカバーのしかたの話

ヒンズーシャッフルを用いた複数枚のコントロールの話

ブロックプッシュオフを目立たなくするための「ぶらし」の話

ポーカーチップの話

あたりが、喜んでいただけ、かつ応用しやすい内容だったかと思います。これはまた機会があればいろいろなところでお話したいですね^^

レクチャーに参加される方の目的はいろいろだと思いますが、僕はいつも、手順よりもコツ、コツよりも考え方を重視して聞いています。なので、自分がレクチャーする際も、そちらをメインにお話しするようにしています。どうしても話が抽象的になり理屈っぽくなってしまうのですが、今回は参加者にも恵まれ、皆さんに真剣に聞いていただき嬉しかったです。

企画してくださったゆうきさん、庄司さん、お手伝いをしてくれた日向さん、そして来て下さった皆様にあらためて感謝です。ありがとうございました!


(2011.2.13追記)
Dr.レオンのコンプリート・ダイアリーで紹介されました!ますます光栄です^^

(2011.2.14追記)
ボナ植木さんのHP 新・手品師の裏側で紹介されました!ボナさんありがとうございます!




2010年10月25日 (月) | Edit |
(株)ショウマンさんから報告が入ってきており、レクチャーノート、おかげさまで売れ行き好調のようです^^

『大原のこだわり』には、49 Cards to Pocketという作品を解説しています。収録作品の中でも特に実演回数が多く、思い入れも強いものです。手前味噌ですが、非常に実用的ですし、効果的な手順だと思います。この週末にも何人かのマジック友達に見てもらい、なかなか良い反応を得られました。

ただ、解説にやや分かりづらいところがあったようで、実演後、「なるほど、こういう風に見えるんだ~」という感想をもらいました。指摘されたポイントについて、ノートを読んでくださった方のためにここで少しだけ補足をしておきます。

手順中、ポケットから出したカードをデックに戻して何らかの操作を行うという箇所がいくつかあります。これらの操作は実際にはやっていることがそれぞれで違うのですが、いずれも、単にデックを1回カットしたという同じ動作に見えるよう組み立てています。

他のトリックであまり使わない動作も含まれており、解説だけ読むと観客にどのように見えれば良いのかが分かりにくかったかもしれませんが、カットしたように見えればOKです。

と言っても、これらのカットは観客に積極的に見せつけるわけではありません。あくまでも何気なく、観客の注意を引かないよう行います。カットの中で行われるやや大胆な秘密動作に気付かれたくないというだけでなく、その後の展開を予想するきっかけをこの時点では与えたくないからです。あまりに早い段階で先を読まれてしまうと、今行っていることへの注意が薄れますし、クライマックスも台無しになっています。ですから、カットを行う際には、ただ無造作に用済みのカードを片付けたように見えてほしいのです。

視線を観客に向け、次の話題に移りながら、手元で何気なく行います。指先のテクニックという意味では特段難しいことはありませんが、実際の演技や観客とのやりとりの中に溶け込ませるためには、事前にいろいろと考えておかなくてはいけません。

この手順の基本アイディアを思いついてから10年以上。荒削りだったハンドリングに、少しずつ少しずつ細かな修正を加えていったものです。そのうちの工夫の一つでも、気に入っていただけると嬉しいです^^



2010年10月19日 (火) | Edit |
大阪のマジシャン、和泉圭佑さんからインタビューを受けました。マジック、レクチャーに対する思いを語っていますので、よろしければご覧ください。

先日発表した、レクチャーノート第2弾『大原のこだわり』(恥ずかしながらサイン入りです^^;)の読者プレゼントもあります。応募締切は11/15(月)ですので、興味のある方はお早めにどうぞ!

→和泉さんのWebサイト三畳半工房
三畳半工房



なお、レクチャーノートのご購入は、株式会社ショウマンのWebサイトからどうぞ。
以下の画像をクリックすると、注文ページが開きます。

大原のおすすめ

大原のこだわり




2010年10月18日 (月) | Edit |
リクエストいただいていた皆様、大変お待たせいたしました!
レクチャーノートの販売を開始しました。

ご購入は、株式会社ショウマンのWebサイトからどうぞ。
以下の画像をクリックすると、注文ページが開きます。

大原のおすすめ

大原のこだわり





2010年10月10日 (日) | Edit |
レクチャー無事終了しました。ご来場いただいた皆様、スタッフの皆様、本当にありがとうございました!

個人的には思いのたけを吐き出すつもりでやらせていただきました。振り返ってみると、ノートで伝えるべきこと、実際のレクチャーの中で伝えるべきことなど、まだまだ整理しなくてはいけないことがあるなと反省しておりますが、楽しんでいただけたようでまずはほっとしています^^

いろいろな感想、ご意見をいただきましたが、複数の方から「考え方を語ってくれるのがありがたい」と言っていただけたのが本当に嬉しかったです。ただ、今回はサンプルとなる手順が少し込み入りすぎており、多少消化不良を起こしてしまったかもしれません。今後レクチャーをさせていただく機会があれば、その考え方をより分かりやすいサンプルを使ってお伝えできるように工夫していきます。

さて、レクチャーが終わったら次はサタデーナイトマジックです。貴重な実演の機会を、大切にしたいと思います。


サタデーナイトマジック第六夜

日時:10/16(土)19:00開場 19:15開演
場所:駒込マジックルーム
参加費:1,500円

出演:ゆうきとも・大原正樹

15名限定のイベントですので、間近でクロースアップマジックの魅力をゆったりとお楽しみいただけると思います。

お申込はmML (マンスリーマジックレッスン) お問い合わせフォームから行えます。

今回は、マジックをしない、一般の方の前で演じることの多いものを中心に構成する予定です。ぜひ一般の方とお誘い合わせの上、お越しください^^

(2010.10.13追記)
サタデーナイトマジックはおかげさまで満席になったそうです。お申込いただいた皆様、ありがとうございます^^


フォーサイト・マジックルーム地図




2010年10月06日 (水) | Edit |
レクチャーまであと3日。ありがたいことに、申込者数が当初想定していた規模に達し、さらに若干上回っているそうです。

そのため、場合によっては後ろの席の方は立っていただかないと見づらくなるかもしれません。また、席は自由ですので、近くでご覧になりたいという方はお早めにお越しください。

なるべく見やすいものを選ぶ予定ではありますが、あくまでクロースアップマジックのレクチャーですので、皆様ご協力をお願いいたしますm(_ _)m

なお、当日は18:40と少し遅めのスタートですので、軽く腹ごしらえをしてから来られることをおすすめします。私も途中で集中力が切れないように、そうするつもりです^^

皆様にお会いできるのを、楽しみにしています!



大原正樹レクチャー

日時: 平成22年10月9日 土曜 18:20開場 18:40開始
場所: 北とぴあ 802会議室 東京都北区王子1丁目11番1号
王子駅(JR/地下鉄南北線/都電荒川線)より徒歩1分
料金: 一般 3,500円(税込)
学生及び満20歳未満 2,000円(税込)

お申込は株式会社ショウマンのサイトからお願いします(定員に達した場合は、ご容赦ください)。