FC2ブログ
効果的なのにあまり知られていないトリックや、巧妙なサトルティなど、私のお気に入りを紹介します。
2012年03月20日 (火) | Edit |
マジック・クリエイターの藤原邦恭さんが10秒マジックシリーズの新刊『子どもと楽しむ10秒マジック DVD付』を出されました。マニア向けではなく、保育の現場で子ども達を楽しませる方法を探している方向けに書かれた本です。

紹介されているトリックのほとんどは、不思議さを強調するだけではなく視覚的な面白さが付け加わったものになっています。マジック的に多少失敗したとしても、あるいは子ども達がマジックの現象を十分に理解できなかったとしても楽しみやすいように工夫されているため、初めてマジックにチャレンジする方にもとっつきやすいでしょう。

技術的には難しいものはほとんどなく多少の練習をすればとりあえず現象は起こせるものばかりですし、解説には子ども達をどのように巻き込み心をつかむかというポイントが随所に散りばめられており、演じ方を事前にイメージするのに役立ちます。この部分はマニアにとっても、マジシャンと観客(特に子ども達)とで、その興味の対象がこんなにも違うのか!と気付かされ、良い刺激になるのではないでしょうか。

全体として、マジックをやったことのない方にとって、チャレンジしやすく挫折しづらく、そして続けやすいように書かれているのが大きな特徴です。解説されている25のトリックの内12個が月別行事マジックとして紹介されており、読者が「来月はとりあえずこれやってみようか」と選びやすくなっているのもにくいところです。最初は必要に迫られてチャレンジしたとしても、年に数回マジックをやっているうちにすっかりハマってしまった、ということもあるかもしれません。マジックファンが増えるきっかけになりそうです^^

マニア的には、お馴染みと思っていたトリックが実演されるとこんなに不思議に見えるのかという驚きもありますし、既存のトリックの素材を変えるだけで印象ががらりと変わったり、通常そのまま片付けてしまうネタを使ってもう一つ現象を起こしたりといった、創作の上でのアプローチも楽しめます。

思いがけず子ども達にマジックを見せることになった方、お知り合いから何かマジック教えて!と言われた方、そしてマジック創作のヒントを得たい方におすすめの一冊です。


スポンサーサイト