FC2ブログ
効果的なのにあまり知られていないトリックや、巧妙なサトルティなど、私のお気に入りを紹介します。
2012年01月22日 (日) | Edit |
マジシャンは最初に1枚の特別なカード(例えばスペードのA)を見せ、ポケットに入れておきます。

続いて観客にデックを渡し、自由な枚数目のカードを覚えます。マジシャンはこの動作を一切見ませんので、観客のカードと枚数目は分かりません。この状態で、観客のカードとポケットの中のスペードのAが入れ替わります。

だいぶ前にご紹介したベンジャミン・アール氏のtwo card transpoと基本的な現象は似ていますが、決定的に異なるのは、マジシャンがポケットに入れるカードを最初に観客に見せられる点です。

カードを最初に見せられるということは、そのカードをスペードのAやジョーカー、サインカードなど、特徴的なカードにすることができるということです。これにより、交換現象のインパクトがかなり強められています。

観客のカード⇔演技の最初から印象的だった特別なカード
観客のカード⇔演技の中盤で急に登場したありきたりなカード

の違いです。前者の方が、現象をアピールしやすいのがお分かりいただけると思います。

もちろん、これだけでどちらの作品が優れている、と決められるものではありません。ベンジャミン・アール氏のtwo card transpoは、秘密動作の入り込む余地のないように見える無駄のない手続きに大きな魅力がありますし、加藤英夫氏の上記作品は、交換現象のクリアーさに加え、観客にカードをある程度預けられるという構造上の魅力があります。

そしていずれにしても演じるにはある程度の技量が求められます。パームやその他の技法を使いこなさなくてはならないだけでなく、それと並行して観客の関心を次々とコントロールする必要があるからです。

プロットがシンプルなので、使う技法や味付けなど、いろいろとアレンジ可能です。ベンジャミン・アール氏も、two card transpoの解説の中で、見せ方は状況に応じてさまざまに変わる、というようなことを言っているようです。

取り組むごとに、新たに発見がありそうです。両者を比較しながら試しても面白いかもしれません。

出典:加藤英夫 - Card Magic Library 第8巻
Cardician' Journal 加藤英夫のカードマジック研究報告から購入できます。


スポンサーサイト




2010年11月20日 (土) | Edit |
しばらくアウトプットが続いたので、最近はまた意識的にインプットをしています。そんな中、加藤英夫さんのCard Magic Library 第2巻に面白いものを見つけました。

記憶術をテーマにしたカード当てです。観客のカードを特定する原理としてはごくごく一般的なものなので、いろいろとやり方は考えられるでしょうが、当て方が良いのです。ストレートに当てるのではなく、まさに記憶を辿っていき、観客のカードに近づいていくように見せる演出が、観客に強いインパクトを与えます。

周辺情報を散りばめることによって、マジシャンがやろうとしていることに一貫性を持たせるという手法が非常に有効に使われています。もしくは、メインイフェクトを細分化して観客に見せることにより、その過程をリアルに感じさせるという捉え方をしてもよいかもしれません。

現象はまったく違いますが、アルマンド・ルセロ氏のサンドイッチの手順も、ジョーカーが観客のカードに迫っていく感じをリアルに表現するために、サブとなるイフェクトを織り交ぜています。

ルセロ氏のトリックはスライハンド面での難しさがあるので実行するのはなかなか大変ですが、このロレイン・ストームは比較的簡単に実験することができますので、上記の手法の持つ力を体感することができるでしょう。

ハリー・ロレイン氏はトリックなしの記憶術でも有名なので、このトリックがますます説得力を持つのでしょう。しかし、これだけを単独で演じても大変効果的だと思います。




2009年11月21日 (土) | Edit |
先日のモダクラ劇場の打ち上げでゆうきさんも話の流れでさわりを演じていました。曰く、「セカンドディールを使ったトリックの中では5本の指に入る名作」です。

ゆうきさんのmonthly Magic Lessonの最新号でも取り上げられていますし、大学のマジックサークルの大先輩、Sさんにも以前バリエーションを見せていただいたことがあります。きっと私より少し上の世代の方に大変馴染み深いトリックなんでしょうね。加藤英夫氏のCard Magic Library 第4巻(Cardician's Journal No.88、89参照)にも収録されています。

ユニークな現象です。

観客にカードを覚えさせ、デックに戻した後、デックのトップに置いておいたダイヤのAから10を表向きに配っていくのですが、観客の指定した枚数目だけ裏向きのままにしておきます。

例えば観客が7枚目を指定したとすると、ダイヤのA~6を配った後、1枚裏向きのカードがあり、続いて8~10を配るわけです。観客は何枚目を指定しても構いませんでした。ところが、この1枚だけ裏向きのカードを表向きにしてみると、観客の覚えたカードに変わっているのです。

う~ん。魅力的なプロットです。書いていて気が付きましたが、ホフジンサー・プロブレムにも似ていますね。私このトリックの成り立ちを詳しく知らないのですが、ひょっとしてエルムズリー流のバリエーションなのでしょうか?いずれにしても、エルムズリー氏は、頭脳派らしくすっきりとした解決策を生み出しました。この頭の良さにも、マジシャンは酔うわけです。

ただひとつ欠点を挙げるとすれば、簡単とは言えないということです。使う技法が技法ですから。

私あまりセカンドディールが得意ではないので、少しでも楽にできないかと考えて思いついたのが、単純なことですが、枚数を半分に減らすということです。つまり10枚でなく5枚で行います。まずはこうするだけで相当楽になりますし、ついでにテンポアップも図れます。

続いて、原案ではダイヤのカードの束を最初から表向きにしてテーブルに出しておくのですが、これを思い切ってやめてみました。流れとしては次のようになります。


観客が1枚カードを選んで覚えます。そのカードをデックに戻しよく混ぜます。

「今混ぜながら、ちょっとテクニックを使って、ある特別なカードを5枚集めました」と言ってトップの5枚を広げてみせます。
「5枚ありますが、1~5でどれでも好きな数字をおっしゃってください」
別の観客に好きな数字を指定させます。

5枚のカードを全て裏向きに配ります。ただし、観客の指定した枚数目だけを列から大きくずらして置きます。

「テクニックを使って特別なカードを5枚集めたと言いました。どんなカードか、見てみましょう」
「1枚目、2枚目・・・」と数えながらカードを順に表向きにしていきます。
ただし観客の指定した枚数目だけは裏向きのままにしておきます。
ダイヤのA~5が順番に出てきます(1枚を除く)。

「ここまでは指先のテクニックです。実はもうひとつ別のテクニックを使いました。お二人の心を読んだんです」

覚えたカードをコールさせ、裏向きのカードを表向きにしてみせます。観客のカードです。


どうでしょう。プロット自体が変質してしまっていますが、なかなか悪くないと思います。また書いていて気が付きましたが、改案の方向性がベンジャミン・アール氏の Shades of Hofzinser に似てますね(笑)。

カードを配る際に全て裏向きにするのは、観客からの注目度を下げるという狙いがあります。観客の指定した枚数目だけをずらしておくというのがメインの動作になりますので、他の4枚を配るときは無造作に行えますし、観客に視線を向けることもできるわけです。また、ずらすカードのところで一度配るのを止めて間を取ることもできます。こうすると、セカンドディールがさらに楽になります。また、フェアに見せられるところはゆっくり注目を集めて行うこともできるようになるのです。

ダイヤのカードの束を最初から提示しないのも同じ理由です。順番も含めて素性の知れたカードをもう一度配り直すからには、どこかでおかしなことをしないかと観客の注意が集まりますが、素性の知れない「ある特別な5枚」だと、観客としても疑うポイントが定まりませんので、その分見破られるリスクが減るのではないかと考えます。

ついでに言うと「枚数目」を指定させるのではなく、好きな「数字」を言ってもらうのもそうです。一連の「仕事」をする前には、枚数目には極力注意を引きたくないのです。

このようにあえていろいろと曖昧にしながら手続きを進めていきますので、下手をすると何をやっているのか自体が観客に伝わりにくくなる恐れがあります。そこで伏線となるキーワードとして「テクニック」「ある特別な5枚のカード」という言葉を予め入れておき、全ての仕事が終わってから、もう一度そのキーワードを使って何をしてきたかをさりげなく説明しなおす、という手順を取っています。

これはメンタルマジックで使われるエキボックによる後付けのテクニックを応用したものです。このあたりはゆうきさんの『一瞬で相手をリードするマジック心理術』に平易に解説されていますのでぜひご一読を。

思いついて間もないアイディアで、実演回数も乏しいですが、セカンドディールに絶対の自信の持てない私としては、つっかかりによるノイズを起こすリスクを抑えて、観客の印象の質を保つというこの戦略が、今のところは気に入っています。

一瞬で相手をリードするマジック心理術一瞬で相手をリードするマジック心理術
(2007/09/18)
ゆうき とも

商品詳細を見る




2009年08月07日 (金) | Edit |
加藤英夫氏が今週のCardician' Journal 加藤英夫のカードマジック研究報告で、ラストトリックの良さの秘密について書いていらっしゃいます。なるほど、と納得させられる内容です。

それを読んで、大学時代に先輩から教わった見せ方が理にかなっていたのだな、と再認識しました。次のような見せ方です。



モンテ風の演出で、スペードのAとクラブのAの位置を素早く交換してみせ、スペードのAの位置を当てさせようとするのですが、1回目は観客にもなんとか目で追えるくらいのスピードで行います。

そして、観客が「こっち!」と指差したら、マジシャンだけ2枚の表をちらりと見て、ちょっとバツが悪そうに笑い、「・・・もう一度やっていいですか?」と言います。

続いて2回目。今度は観客に分からないように手の陰で2枚を操作します。もう一度観客にどちらがスペードのAだと思うか尋ね、観客が答えたら2枚とも赤に変わっていることを見せます。



いかがでしょうか?一種のミスコールなわけですが、表のストーリーときれいに合っており、さりげなく2枚が黒であることを観客に再確認させることができていると思います。(ただし芝居っ気が強すぎると、あとで「あのときもう赤いカードだったのにわざと焦ったふりしてたのか~」と気付かれてしまいますのでご注意を!)

日本では前田知洋氏の影響か、愛かお金かという演出で演じる方が非常に多いのですが、似合う方とそうでない方がいると思います。どうもしっくりこないという方は、上記のモンテ風の演出も試してみると、新たな発見があるかもしれません。



2009年07月09日 (木) | Edit |
またまた加藤英夫氏の Card Magic Library 第3巻からです。加藤英夫氏が、マジックを始めて間もないころに、故高木重朗氏の講習会で習ったものだそうです。

観客の選んだカードを表向きにしてデックの真ん中に入れると、同じ数のカード3枚がつられて表向きになって現れるというトリックです。

ビル・サイモン氏のインスタント・リバースに近い作品ですが、非常に簡単なフォースと大胆な技法を使っています。いや、技法とも言えないようなものかもしれません。なんというか実に素朴なトリックです。

ところがこんな素朴なトリックが、きちんと演じれば一般の観客には受けるのです。妻に試してみたところ良い反応が返ってきましたのでこれは間違いありません(笑)。

精緻に作りこまれたトリックを演じ慣れている方も、ときどきこういう原始的ともいえる作品を試してみると、また新たな発見があるかもしれません。

加藤英夫氏は、「このようなシンプルなトリックが、当時の私にはとても価値のあるものに感じられたものです。」と書かれています。私も同感です。

出典:加藤英夫 - Card Magic Library 第3巻
Cardician' Journal 加藤英夫のカードマジック研究報告から購入できます。



2009年07月06日 (月) | Edit |
先日購入した加藤英夫氏の Card Magic Library 第3巻を着々と読み進めています。テーマの1つがフォア・オブ・ア・カインドの取り出しなのですが、こんなにいろいろあるとは驚きです。

フォア・オブ・ア・カインドの取り出しというと、いわゆる4Aオープナー的なもの、一致現象としての取り出しなどのイメージがあったのですが、この作品では、何と「記憶術」のクライマックスとしてフォア・オブ・ア・カインドが出てきます。次のような流れです。


観客にカードを覚えさせ、中に入れたら観客自身によく混ぜてもらいます。
マジシャンはデックを受け取ると表を見ていき、カードの並びを覚えるといいます。

覚え終わったらデックを裏向きにし、観客のカードが何だったか尋ねます。
マジシャンはデックの中から、表を見ずに何枚か候補のカードを抜き出していきます。

最終的に4枚の候補のカードが出されますが、観客のカードは確かにこの中にあります。
しかも残りの3枚を見てみると、全て同じ数のカードなのです。

渋い現象ですよね。派手な動きもなく、特に若い方はあまりやりたいと思わないかもしれません。でも実際演じてみると、怪しい動きがないだけに、かなりのインパクトがあります。

私は、このトリックで使われているシンプルな原理が気に入りました。巧妙で応用範囲も広そうですし、他の原理と結びついてまた別の面白いアイディアが生まれる気がします。

出典:加藤英夫 - Card Magic Library 第3巻
Cardician' Journal 加藤英夫のカードマジック研究報告から購入できます。



2009年07月03日 (金) | Edit |
ずっと気になっていたのですが、ついに購入しました。

ターベルコースの翻訳者である加藤英夫氏が現在進行中のプロジェクト、Card Magic Libraryシリーズの第3巻です。

各巻ごとにテーマがあり、今回はホフジンサーのマジックと、フォア・オブ・ア・カインドの取り出しです。

個人的にはフォア・オブ・ア・カインドの方に強い興味を引かれたのですが、70以上もの作品がタイプ別に分類されて紹介されており、もうくらくらしそうです。

早速ぱらぱらとめくってみましたが、特に難しいことはせず演出で不思議さを作り出す作品や、今までに知らなかった原理なども既にいくつか目に止まりました。実際に鏡の前で手を動かしてみて、確かに不思議になりそう、とほくそ笑んでいます。久しぶりの感覚です。

こういった知識は、すぐに形にならなくても、一度体を通しておくと思わぬところで役に立つときがきたりするので面白い。

先人達の知恵だけでなく、ご自身のアイディアをこうしてまとめていただけるのは、愛好家としてはありがたいことです。じっくり楽しみたいと思います。

Cardician' Journal 加藤英夫のカードマジック研究報告から購入できます。