FC2ブログ
効果的なのにあまり知られていないトリックや、巧妙なサトルティなど、私のお気に入りを紹介します。
2009年12月23日 (水) | Edit |
パスの解説を書き始めました。

・・・と書いてからしばらく経ってしまいましたが、気にしていてくれた方、ごめんなさい!書きたいことがありすぎてまとまっていません。気分を変えて動画だけでもアップしてみました。

故マーカ・テンドー氏のターンノーバーパスに衝撃を受けてから約20年。自分の手に合うように少しずつ改良を加えてきたものです。まだまだ直したいところはありますが、見た目にも音的にもかなり静かに行えるようになりました。感想など聞かせていただけると嬉しいです。






スポンサーサイト




2009年11月22日 (日) | Edit |
駒場祭に遊びに行き、久しぶりに少しだけ演技してきました。一般の方にもそれなりに受けるのですが、勘がなかなか戻ってこないな~、という感じ。どちらかというとマニアの方が面白がっていたような気がします。個人的にはマニアにも受けるマジックを目指しているつもりなのですが、マニアにこそ受ける方向性に偏っているのかも知れません。まだマニアにしか受けない、ということもないので、今のうちに軌道修正したいところです。

後輩のkrakenさんも来ていましたが、さすがに場数をこなしているだけあり、余裕を感じました。正直、その上達ぶりにびっくり(←失礼)。演じるトリックにしても、観客への接し方にしても、勉強になりました。また、失敗を恐れず常にいろいろとチャレンジしていて、そこから大きなフィードバックを得ているというのが分かります。行動と思考をサイクルさせるのってやっぱり大事ですね~。

マジック仲間にはここ数年であたためていたアイディアを吐き出し、すっきり。概ね好評だったようで、少し自信を得ました。特に若手にはパスが刺激的だったようです。調子に乗って、解説書を久々に少し書き進めました。思いが強すぎてなかなかまとまらないのですが、こういうものは時間をかければいいというものでもないですね。効率化効率化。

自分のためのメモとして、昨日実験してみたものを順不同にリストアップ。

・空の手からのコインの出現
・ワンコインルーティン
・3フライ
・1234(単発でしか演じられなかったのですが、帰宅後手順に組み込む方法を思いつきました。)
・チンカチンクのアイディア
・3枚のコインの変化(これは今のところ単発でしか演じられない)
・ポーカーデモンストレーション
オイル&ウォーター
Future Moveを用いた3枚のカード当て
・親指
・薬指

ちなみに一昨日ブログに書いたDiamond Cut Diamondのバリエーションも実演してみましたが、まだ良さを十分に伝え切れていないですね。不思議なんだけど何をどう驚いたら良いのか分からない、といった印象を受けました。考えすぎだったかな。より原案に近いプロットで組みなおしてまた試してみたいと思います。



2009年08月04日 (火) | Edit |
私、パスを行うときはクラシック・パスではなく、ハーマン・パスの変形のようなパスを使っているのですが、最近この解説書を書き始めました。

動画ではなく、あえて解説書です。分解写真を使い、気をつけなくてはいけないポイントをしっかりと確認しながら練習できるようなものにしたいと思っています。

故マーカ・テンドー氏のターンノーバー・パスに憧れて練習を始めてから、気付けばもうすぐ20年。これで完成!ということはないのですが、自分なりに手直しを重ねた結果、かなり楽にでき、かなり自然に見える方法になりました。

最近は演技の機会も減りましたし、このままではせっかく育てた技法が浮かばれません。自分だけで独り占めするのではなく、パスを覚えたい方の参考にしていただければと願いながら、書き進めています。

パスは一般的に難しい技法と言われますが、私の行っているパスに関して言えば、スピードに頼るのではなく、きちんとコツを理解して練習していただければ、どなたにでもマスターできる部類のテクニックだと考えています。

むしろ難しいのはパスの使いどころです。単にコントロールのかわりに使うのであれば、わざわざパスでなくてもいい気がします。もっと自然に見えるテクニックがあると思います。

かといって、一切シャッフルやカットをしていないのに、そしてデックを凝視していたのに、確かに真ん中に入れたカードがトップに上がってきた、そんな見せ方もあまりコストパフォーマンスが良くないように思えます。完璧に演じるのは相当難しいですし、仮に完璧にできたとして、マニアは驚くかもしれませんが、一般の観客にとっては、ティルトを使う方法と大差ないのではないでしょうか。

パスの持つ強みを最大限活かし、弱みを極力目立たせないようにしたい。そう考えると、パスを使う機会というのはなかなか限られてきますが、この条件に当てはまると思われる自分の手順も1つだけありますので、それもこれから解説を書きたいと考えています。

書きたいことがありすぎて、分かりやすくまとめるのに時間がかかるかもしれませんが、完成したあかつきには何らかの形で発表、販売できたらと考えております。

出来上がりましたら、こちらでご報告いたします。応援よろしくお願いいたします。