FC2ブログ
効果的なのにあまり知られていないトリックや、巧妙なサトルティなど、私のお気に入りを紹介します。
2009年06月23日 (火) | Edit |
ちょっと変わった現象です。賢く、そして大胆です。

観客にカードを覚えてもらい、デックに戻し、シャッフルした後、覚えたカードの色を尋ねます。

「赤です」

デックにおまじないをかけて広げると、なんと観客の覚えたカードと同じ赤色のカードが全て表向きになっています。ところが観客のカードだけが見当たりません。

「と、言うことは・・・?」

デックを裏返すと、今度は黒いカードばかりが表向きになりますが、その中に1枚だけ赤色のカードがあります。もちろんこれが、観客のカードです。

ジョン・バノン氏の有名な Play It Straight や、 アルド・コロンビーニ氏の MAGNETIC という作品にも似ていますが、この Blockbuster には表と裏のカードを混ぜ合わせるという過程がありません。赤(あるいは黒)のカードだけが突然表向きになります。

「逆トライアンフ」とでも言うべきこの現象は、実際に見ると非常にインパクトがあります。特に難しいテクニックも使いません。ぜひ一度試してみていただきたいトリックです。

出典:DVD Darwin Ortiz Cardshark vol.3
FIELDSMAGICでDarwin Ortiz氏の10巻セットが購入できます。


スポンサーサイト